TBSの宇垣美里アナウンサー(27)が13日、同局系「サンデー・ジャポン」(日曜前9・54)にVTR出演。特技であるサックスを披露した。

番組では、海外大手メディアにも取り上げられるなど話題となっている僧衣の動きやすさをアピールする「僧衣でできるもん」動画を特集。
宇垣アナが、ドラム動画を投稿した僧侶のもとを直撃した。

中高時代は吹奏楽部に所属し、プロフィルの特技欄にも「SAX」と載せている宇垣アナはこの日、サックスを持参。
僧侶と「とんちんかんちん一休さん」をセッションし「あーしんどい。久しぶりでしたね。やっぱ好きだな」と充実感をにじませた。

宇垣アナは、学生時代について「まじめ」だったと回顧。
学生時代からモテたのかと質問されると「一番モテるのが4月で、5月くらいに性格がある程度みんな分かって落ち着き始めるみたいな…」と答えた上で、
「たぶんパっと見ですごくかわいらしくて優しい子を想像されると、私はとても自由な人なので、ちょっと手に負えないなってみなさん思われるのかな…」と自己分析した。

https://www.sanspo.com/geino/news/20190113/geo19011313020021-n1.html