日本テレビ時代には数々の番組でアナウンサーやキャスターなどを務め、2010年に同社退社後は、過激なグラビアで何かと世間を騒がせている脊山麻理子。

出版不況と叫ばれている中、これまで5冊の写真集をリリースするなど、グラビアファンはもちろん業界内でも貴重な存在として人気を博している。
そんな彼女が約11カ月振りとなるDVD&Blu-ray『ときめきデート』(ラインコミュニケーションズ)をリリース。
その発売記念イベントが5日、東京・秋葉原のソフマップで開催され、花魁姿で胸の谷間を強調するなど、訪れたグラビアファンを歓喜させた。

「今回のDVDの中で着てないコスチュームの中で、お正月らしいエロさということで着物の花魁にしてみました。普段着使いの着物をアレンジしています。その方がエロいかなと思って(笑)」とイベント時で着用した衣装を解説してくれた脊山。
さすがに花魁姿だと完熟した色気も全開。
時折、胸の谷間や肩、そして生脚などをチラ見せさせるサービス精神も旺盛で、訪れたファンを悩殺していた。

そんな彼女の最新作は、昨年9月に海外ロケとなるバリ島で撮影されたもの。
タイトルからもイメージできるように、脊山とデートを疑似体験できるシチュエーションもので、アナウンサー風OLやキャビンアテンダント、さらにはキャットウーマンなどコスプレ色の強い脊山を楽しめるという。

「こちらの内容はタイトルが『ときめきデート』になっていますので、色んなシチュエーションで私とデートをしているような、普通ではあり得ない妄想が繰り広げられる感じのストーリーとなっております」と最新作を紹介した脊山。
オススメは最後に着用したボンテージのキャットスーツだといい、「全身オーダーで作ったラバースーツを着ています。露出度は高くありませんが、全身のラインが見えて着てないよりもエロいと思いますよ♪」と自信を覗かせた。

セクシーなシーンは「アーミースタイルからの展開で、パンティー2枚穿きのシーンがオススメですよ。今、女の子の間で流行っているファッションなので、それを取り入れてみました」と解説。
さらにセクシーなシーンもあるそうで、「洗車のシーンでは泡ブラにも挑戦しました。質の良いきめ細かい泡で隠しています。おっぱいを泡で隠したシーンは、夢が一杯詰まっているのでぜひ見て欲しいです」と限界ギリギリなシーンにもチャレンジしたという。

2019年になったばかりということで、今年の目標を尋ねると「今まで通り、今の自分を楽しんで行きたいと思っています」と自然体を強調しながら、「3月にはDVDも出ますし、まだまだグラビアを頑張らせていただきたいと思っていますよ。プライベートも今回のDVDのタイトルのようにときめきデートが出来るように頑張ります!」と抱負を。

昨年発売した写真集『S』『M』(ともにワニブックス)のイベントでは鞭で叩きたい人がいないと話していたが、その話題を振られた脊山は「鞭で叩きたい人はまだ見つかっていません。私はどっちも出来ますので、希望者を募集してますよ」と世の男性に訴え、「男らしくて叩きがいのある人を叩いてみたいですね。私は身体を鍛える人が好きなので、格闘家だったら棚橋弘至さん!」と具体的な名前も挙げていた。

http://news.infoseek.co.jp/article/newsdwango_34020/

脊山麻理子アナ、花魁姿披露







DVD&Blu-ray『ときめきデート』



脊山麻理子アナ