毎日放送の辻沙穂里アナ(24歳)が、11月5日に放送されたバラエティ番組「痛快!明石家電視台」
に出演。“お茶漬け禁止”の家で育ったことを明かすと、MCの明石家さんまが驚く一幕があった。

この日、さんまが好きな漬物“壬生菜”の話から、「今の子は漬物でお茶漬けはしないのか」と、
入社1年目の新人である辻アナに質問。すると、辻アナは「お茶漬けは、お行儀悪くてやっちゃいけない
ものだって言われて来た」と回答した。

これは予想した答えではなかったのか、さんまは「きみ東京? 東京のお嬢さんか」と、かなり驚いた様子。
辻アナは「いや、お嬢様ではないんですけど……」と返すが、さんまは「お茶漬けアカンっていう家、
お嬢様に決まってるやないか」と断言した。

辻アナはそうした家庭で育ったため、お茶漬け自体することがないとのこと。CMなどで目にしたときには
「(お行儀悪くてやっちゃいけないのに)どういうことだろう?」と思っていたという。

また、辻アナにとっては、卵かけご飯も“やっちゃいけないもの”だったようで、「温泉卵を白いごはんに
かける人が会社の社食で多くて、あまりにも。『やっちゃいけないのに~!』と思いながら(見てる)」ことも告白。
同様にスタジオからは驚きの声が上がっていた。
https://netallica.yahoo.co.jp/news/20181106-10083895-narinariq

辻沙穂里アナ
1994年5月17日生まれ、東京育ち東京芸術大学付属高等学校-慶應義塾大学商学部卒
特技は囲碁