女性自身 3/7(火) 0:00配信

テレビ朝日の小川彩佳アナ(32)との交際が発覚した、嵐の櫻井翔(35)。気になるのは、
2人が“結婚”する可能性。だが周辺を取材すると、複数の関係者がこう断言した。

「櫻井くんは、“3年は結婚しない”という決意を固めていると聞いている――」

まず語るのは、嵐関連の仕事にも関わってきた広告代理店関係者。

「櫻井くんは、“20年の東京五輪でキャスターを務めるまでは、何よりも仕事が最優先”と
周囲に話しています。彼は、五輪取材に強いこだわりがあるんです。これまで、08年の
北京五輪から5大会連続でキャスターを務め、取材活動を重ねてきました。東京五輪は
キャスターとしての集大成になる。それまでの3年間、仕事に影響を与える“結婚”の二文字は
封印する強い気持ちがあるんです」

もうひとつ、意外にも政界関係者から同様の声が届いた。語るのは、内閣官房関係者。
昨年の都知事選に出馬が取りざたされた“櫻井パパ”こと元総務事務次官の櫻井俊さん(63)が、
結婚への“鍵”を握っているというのだ。

「都知事選は固辞しましたが、櫻井パパには“最後の目標”があるんです。それは
『自分を育ててくれた故郷の群馬に恩返しをしたい』ということ。じつは、19年に行われる
群馬知事選への出馬を考えているんです。現知事の後継候補としての出馬になると思います」

役人時代に総務省内で櫻井パパを引き立てた菅義偉官房長官にも、その意向はすでに
伝えてあるという。

「知事選に出馬する際に、息子の翔くんが“チャラい芸能人”と結婚していたら決して
プラスにはなりません。その点、小川アナなら相手としては申し分ない。櫻井さんは、
翔くんの結婚相手について“彼の人生だからね。彼のしたいようにすればいい”とずっと
言ってきました。ただ好きなワインを飲みながら、“やっぱり、しっかりした人のほうが
嬉しいけどね”と漏らしたこともあります。知事選に出るとなると、結婚は選挙の後にというのが、
口には出さない本音でしょう。翔くんは、お父さんがこれまで自分を犠牲にして応援してきて
くれたことをわかっていますから、無理に結婚を急ぐことはないはずです」

小川アナは現在32歳。3年後には35歳になる。結婚適齢期としてはギリギリだ。石の上にも3年、
となるか――。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170307-00010000-jisin-ent



芸能人のスキャンダルには、「発覚と同時にこぞって報じられるもの」と「不自然なほど取り上げられないもの」の2種類がある。
2月27日発売の『週刊ポスト』(小学館)がスクープした、嵐・櫻井翔(35)とテレビ朝日の小川彩佳アナウンサー(32)の
交際報道は後者の典型的な事例だ。関係者の間では「相変わらずジャニーズ事務所の影響力は強い」と、ため息が絶えない。

 同誌によると、櫻井と小川アナは11日間にわたる“密会”を重ねていたとのこと。
その期間中には、バレンタインデーや小川アナの誕生日など、恋人同士にとって特別なイベントも含まれていたという。

「ジャニーズは『親しい友人の一人』といったコメントを出していて、基本的に所属タレントの熱愛報道を黙殺する
ジャニーズにしては、珍しい対応でした。通常ならマスコミの後追い報道も禁じるところを、
今回はスポーツ各紙が記事にすることもできていましたから。しかし、結局はスポーツ紙のやんわりした報道が許されただけで、
やはりテレビでは取り上げられなかった。大阪が拠点の読売テレビが制作する『情報ライブ ミヤネ屋』は、
東京のキー局と比べて“圧力”が影響しにくいと言われ、普段は強気な報道を行っているのですが、
そんな『ミヤネ屋』ですら櫻井と小川の熱愛をスルーしている状況です」(テレビ局プロデューサー)


Yahoo!ネタりか|2017/3/7 07:00 デイリーニュースオンライン
http://netallica.yahoo.co.jp/news/20170307-83479288-dailynewsq