サンケイスポーツ 2/1(水) 5:00

 NHKが4月からのニュース・情報番組のキャスターや司会に、好感度抜群の美人アナウンサーを大挙そろえることが31日、分かった。注目は2年ぶりに東京アナウンス室に復帰する井上あさひアナ(35)で、「ニュース7」(毎日後7・0)の土日祝日メインキャスターに就任。少なくとも7人が新顔として登場する。

 いずれも31日時点の内定で、正式には今月中旬の発表。井上アナは2015年3月まで4年間、大越健介記者(55)とともに「ニュースウオッチ9」を担当。品のある美貌と落ち着いた低音の魅力で、中高年の視聴者をとりこにした。

 15年4月からは京都放送局に異動し、ローカル番組を担当。しかし、「全国ネットの番組に出てほしい」という多くの声に押され、昨年4月から「歴史秘話ヒストリア」のほか、不定期で「クローズアップ現代+」に出演してきた。

 独身でスタイル抜群、笑顔も魅力とあって、有働由美子アナ(47)や桑子真帆アナ(29)と人気を分け合うことになりそう。複数の同局関係者は今回の美女シフトについて、最近は職員の不祥事が続くだけに「番組だけでなく、局全体のイメージアップにつながってほしい」と口をそろえる。

 鎌倉千秋アナ(38)のように「クロ現」でメインの武田真一アナ(49)ら男性アナとタッグを組む番組もあるが、彼女たちへの期待度は大。民放各局の同時間帯番組がどう立ち向かうかも注目される。


・4月からNHK「ニュース7」の土日祝日を担当する井上あさひアナウンサー。“週末の女神”と喜ぶ中高年の男性視聴者が増えそうだ(写真:サンケイスポーツ)



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170201-00000501-sanspo-ent.view-000
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170201-00000501-sanspo-ent