カンテレの村西利恵アナウンサー(36)が結婚することが15日、分かった。お相手は3歳上の医師で、今月中にも婚姻届を提出するという。今春には13年半続けたニュースキャスターを卒業。昨年からサンケイスポーツ釣り面で「村西利恵の釣り女にア~ナりたい」を連載するなど活躍の場を広げる中、私生活でも大きな変化が訪れた。

 関西きっての美人アナが、ゴールインすることになった。関係者によると、お相手の男性は39歳の医師。今年1月、共通の友人の紹介で知り合い、5月にプロポーズされたという。今月末にも婚姻届を提出する予定で、挙式・披露宴などは未定。妊娠はしておらず、結婚後も仕事を続ける。村西アナは2010年に一般男性と結婚、12年末に離婚している。

 村西アナは関西学院大から2003年カンテレ入社。3年目の05年10月に「FNNスーパーニュースほっとKANSAI」のメインニュースキャスターになり、今年3月の番組改編で「みんなのニュースワンダー」が終了するのを機に“卒業”するまで、スポーツ担当などを含め13年半にわたってニュースキャスターとして活躍した。

 「今年の初めにニュースから離れると決まったタイミングで出会った方なので、周りの方からは『そういうご縁だったんだね』と言われました。相手の方は穏やかで、優しくて、一緒にいると心からリラックスできます。仕事も趣味も、努力し続ける才能があるところを本当に尊敬しています」と村西アナ。

 現在は「雨上がりのナニモン!?」(土曜後6・30)などに出演する一方、6月から母校・関西学院大の専門職大学院経営戦略科で社会人学生に。大学院の入校式の日には「おいしい夕食を作って待っていてくれ、感動しました」という。

 クールな印象の村西アナだが、素顔はおおらかで活動的。サンケイスポーツ連載「村西利恵の釣り女にア~ナりたい」に加え、今月2日発売の釣り専門タブロイド紙「釣りズバッと関西」では、釣り上げた70センチの大マダイとともに表紙を飾った。

 料理好きで、サンケイスポーツでも毎回料理の腕を披露。ちなみに70センチのマダイは「彼のご両親にも食べていただけました」。喜んで食べてくれる人ができて、仕事に釣りに、いよいよ熱が入りそうだ。

村西 利恵(むらにし・りえ)
 1980(昭和55)年7月6日生まれ、36歳。大阪府吹田市出身。関西学院大在学中はモデルとしても活動。2003年、関西テレビ入社。報道、バラエティー番組などで活躍し、現在は「雨上がりのナニモン!?」(土曜後6・30)にレギュラー出演中。「阪急電車 片道15分の奇跡」(11年)ほかで映画出演も。1メートル68。

2017.6.16 05:03
http://www.sanspo.com/geino/news/20170616/mrg17061605030003-n1.html