内藤聡子さん(43)








佐藤琢磨(40)といえば、今年5月に開催された世界三大レースの一つ「インディ500」を
アジア人として初制覇するなど、モータースポーツ界のサラブレッドとして知られた存在だ。
トランプ大統領が来日した際には、安倍総理主催の晩餐会に招かれる栄誉にもあずかっている。
そんな琢磨は、「独身ネタ」がウリのフリーアナウンサーと7年にわたって不倫関係にあった。

 ***

 琢磨は2005年に同い年の妻と結婚し、2人の子供のパパでもある。11月4日、琢磨が運転する
クルマの助手席から降りてきたのは、その妻とは異なる女性だった。彼女はスーパーに立ち寄ったのち、
近くのマンションへ。少ししてクルマを置いた琢磨が現れると、同じマンションに入っていく……。
同じような光景は、この日の前後にもたびたび確認された。

 女性の正体は、昨年3月まで「5時に夢中!」(TOKYO MX)でアシスタントを務めていた
フリーアナの内藤聡子(43)。「独身ネタ」がウリで「セレブ志向丸出し」と評される彼女と琢磨は、
このマンションで生活を共にしていたのだ。

「週刊新潮」の取材に、琢磨は内藤との不倫関係を認め、こう語る。

「10年秋、ラジオ番組で一緒になって盛り上がり、僕のレースを番組で応援に行くということにもなって
仲良くなった。(不倫関係になったのは)それから数カ月後ですかね」

 妻は不倫をどう認識しているのか。

「内藤さんのことは12年夏ごろに知られて、その時期に離婚に向けての話をしたのも事実です。
ただ、正直な話、非常に悩んでいます。僕のレースを内藤さんが支えてくれた部分は確実にありますが、
一方で、子供への思いも大きい」

 現在、妻とは代理人を通して話をしているという琢磨だが、妻の知人からは少しニュアンスが異なる
証言も……。11月16日発売の「週刊新潮」では、警察沙汰を招いた騒動と併せて詳しく報じる。
琢磨と内藤が同居するマンションでの“お見送り”の様子を収めた動画を配信中。

「週刊新潮」2017年11月23日号 掲載

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171115-00532916-shincho



おかわりシスターズ